壁紙リフォームの後に注意すること┃富士市リフォーム.com

リフォームをお考えの方へ

▲▲ リフォーム無料見積もり ▲▲

壁紙リフォームの後に注意すること

壁紙リフォームを行う時は、ある注意が必要なことをご存知ですか?壁紙リフォームで注意することについてご説明致します。

 

壁紙リフォームを行う時“パテ掛け(下地)”を平で滑らかにする処理をします。その処理を行う際、細かく“粉”が部屋中に飛び散ってしまいます。家具などにビニールをかけたりして保護するわけですが、それでもその“粉”を完全に防ぐことは難しいことなんです。

 

ですから、壊れやすい精密機械、パソコンなどはリフォームを行う前に別の部屋へ移しておくことを勧めます。

 

保護カバーをしているから大丈夫と安心してはいけません。現に壁紙のリフォームを行ってから、パソコンが動かなくなってしまった、という失敗例があります。保護するものをつけても100%とは言えませんので、面倒くさがらずに別の部屋へ移動させましょう。

 

それから壁紙リフォームを終えた後、壁紙に空気が入ったみたいにデコボコしている場合は不安になりますが、張りたての壁紙というのは空気が入り浮いているように見える場合があるんです。不安に思う方が多いでしょうが、乾けば綺麗に伸びますから決して壁紙に触れないで下さい。

 

何日経ってもデコボコが直らない場合は直す必要がありますので、壁紙リフォームを頼んだ業者に連絡してみましょう。

リフォームをお考えの方へ

▲▲ リフォーム無料見積もり ▲▲