外壁塗装のリフォームを行う時期を見極める┃富士市リフォーム.com

リフォームをお考えの方へ

▲▲ リフォーム無料見積もり ▲▲

外壁塗装のリフォームを行う時期を見極める

家の中のリフォームもリフォームすべき時期があるように、外壁塗装リフォームにもリフォームする時期があります。そこで、外壁塗装リフォームのベストな時期の判定の仕方についてお話します。

 

上手く時期を見極めて家を綺麗に長持ちし、有利にリフォームを!

 

まず、外壁に服をこすってしまったときに、白い粉が付着したら塗装すべき!と言われています。月日が経つにつれて、家の寿命は外壁の塗膜が劣化すれば短くなるので、劣化がすすむ前に塗装リフォームを行いましょう。

 

とはいえ、塗装に使用する塗料の種類で寿命は異なります。ちなみに外壁の部分によっても劣化する速さは違います。ですから、一定の期間を置いて管理することが何より大切です。ちなみに外壁劣化の進み具合について。

 

  • 「塗膜が剥がれている」
  • 「塗膜が浮いている」
  • 「光沢が低下している」
  • 「※チョーキング」
  • 「外壁基材が劣ってきている」
  • 「外壁基材があらわれ出ている」

 

※外壁の塗膜が、紫外線によって劣ってきて、チョークみたいな粉が出てくることを“チョーキング”といいます。外壁の近くを通った時、白い粉が服に付着していた・・・なんて時があったら、それこそチョーキング!

 

チョーキングが出てくると塗膜が劣ってきている印。チョーキングを発見した時こそ、リフォームする時期。それを見過ごさないように、きちんと確認していきましょう。

 

効率的にリフォームを行うためにも、しっかり時期を見極めること。外壁のリフォームの時機がきたら、家の中のリフォームも効率よく行いましょう。

リフォームをお考えの方へ

▲▲ リフォーム無料見積もり ▲▲